日野自動車、オープン物流プラットフォーム構築へ ハコブとデータを連携

プラットフォーム連携の将来イメージ
プラットフォーム連携の将来イメージ全 1 枚写真をすべて見る

日野自動車は5月21日、ハコブと、オープン物流情報プラットフォームの構築に向けた協業第一弾として、ハコブのデジタル物流情報プラットフォームと日野の商業物流・人流プラットフォームの連携を開始したと発表した。

日野とハコブは、ドライバー不足など、物流にまつわる社会課題の解決を目指して2019年9月に資本業務提携した。オープンな物流情報プラットフォームの構築と具体的なソリューションの実現に向けて検討を進めており、今回、第一歩としてハコブの物流管理ソリューション「MOVO」に日野のトラック車載GPSの位置情報を接続させる。

2020年中には、ハコブが提供するSaaS型の物流管理ソリューション「MOVO」に日野のトラック車載GPSの位置情報を活用したサービスを開始する予定。

今回の連携によって収集する位置情報を蓄積し、物流の最適化のためにオープンに活用する方針だ。

ハコブは既に位置情報連携のためのAPI仕様を定義しており、今後は物流情報プラットフォームと連携する位置情報の保有事業を募り、パートナーを増やしていく。

また、ハコブは物流情報プラットフォームにAPIを通じて接続する他サービス事業者に、一定のルールに基づき位置情報を提供するサービスを順次開発する予定。このサービスによって、ドライバーの人手不足、トラックの長時間待機、低い積載効率などの物流課題を解決する他サービス事業者による新サービスの創出を支援する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV