小型電動アシスト自転車によるシェアサービス「LUUP」、都内で提供開始

LUUPサービスイメージ
LUUPサービスイメージ全 4 枚写真をすべて見る

Luupは、小型電動アシスト自転車を用いた短距離移動シェアサイクルサービス「LUUP(ループ)」を渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部で5月25日より開始した。

LUUPとは、街じゅうの電動マイクロモビリティに、どこからでも乗れて好きな場所に返せるシェアリングサービス。将来的には電動キックボードやシニアカーなど、様々な電動マイクロモビリティを導入予定だが、まずは小型電動アシスト自転車のシェアから開始する。現在、飲食店や駐車場などの空きスペースを活用したポート(ステーション)は57か所。既存のシェアサイクル事業者と比較して最も高密度にポートが設置されている。

LUUPでは自社開発の小型電動アシスト自転車「ループサイクル・ライト」を用いているため、自販機1台分のスペースにもポートを設置できる。これにより、コンビニや飲食店の入り口横など、これまで実現し得なかった小さなスペースへのポート設置が可能。既存のシェアサービスに比べて様々なスポットにポート設置が行えることで、高密度なポート設置が実現し、駅から少し遠い店舗へも気軽にアクセスできるようになった。

利用方法はLUUPポートで乗りたいマイクロモビリティを選び、アプリで車体にあるQRコードをスキャン。走行後は目的地付近のポートに駐車して写真を撮るだけ。

料金は1日パック(6時間まで)750円、1日パック(12時間まで)1000円、週額パック(1日6時間まで・初週無料)3000円、月額パック(1日6時間まで・初週無料)6000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ・スーパーキャリイ
  • カーシェアリングの例:タイムズカーシェア
  • ローカル バンライフ プロジェクト in Hakusan
  • ジャガー XFスポーツブレイク
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ