ジヤトコ、CVT用クリーンルームで医療用ガウンを製作 地元医療現場に提供

ジヤトコの医療用ガウン
ジヤトコの医療用ガウン全 3 枚写真をすべて見る

ジヤトコは、新型コロナウイルスに対応する医療現場への支援の一環として医療用ガウンを製作し、本社のある富士市医師会へ提供した。

この医療用ガウンは、工場などで使われる梱包用のポリエチレンシートを使用しており、ジヤトコの富士第1地区 CVT工場内組立ラインのクリーンルームで製作している。6月中旬までに1000着を製作する予定で、5月21日に最初の100着を富士市医師会に納入。今後も随時納入していく予定だ。

今回のガウンの提供は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、医療現場の負担が増える中、同社としてできる支援がないかを本社所在地である静岡県富士市の医師会にニーズを確認した上で決定したもの。医師会関係者、同社産業医が連携の上で仕様を確認、5月中旬より生産を開始した。

また、同社では医療用のフェイスシールドも製作し富士市医師会に提供しており、これまでに400個を納入。今後も6月中旬までに600個の納入を予定しており、地元医療現場で活用される。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プロジェクションアッセンブリーシステム運用現場
  • 3Dプリンターで製作したフレーム部分(左)とフェイスシールド
  • FR車用9速オートマチックトランスミッション「JR913E」
  • ジヤトコの軽自動車専用CVT「Jatco CVT-S」(人とくるまのテクノロジー2019)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ