ひたちなか海浜鉄道に新駅…平磯-磯崎間に「美乃浜学園」駅 2021年3月

美乃浜学園のイメージ。左手に湊線の列車が描かれている。
美乃浜学園のイメージ。左手に湊線の列車が描かれている。全 2 枚写真をすべて見る

茨城県ひたちなか市の勝田駅と阿字ヶ浦駅を結ぶ湊線を運営する、ひたちなか海浜鉄道は5月26日、平磯~磯崎間に新設する駅の名称を「美乃浜学園」(みのはまがくえん)に決定したと発表した。

この新駅は勝田起点12.6kmの地点に位置する1面1線の無人駅。2021年3月に平磯・磯崎・阿字ヶ浦の各地区にある3つの小学校と2つの中学校が統合され、ひたちなか市磯崎地区に小中一貫の『美乃浜学園』が誕生する予定のため、その最寄りに設置される。駅名もそのことをわかりやすくするため、校名と同じものとなる。

「美乃浜」の名は、万葉集に収められている、磯崎地区の海岸を歌ったとされる和歌「許奴美乃浜」(こぬみのはま)の一説を引用したもので、「美」の文字は、美しい海(浜)、平磯・磯崎・阿字ヶ浦の3地区の融合を示す「三」(み)、未来への飛躍を表す「未」(み)を表わすものだという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ