BMW 6シリーズGT 改良新型、ティザーイメージ…5月27日発表

BMW 6シリーズ・グランツーリスモ 改良新型のティザーイメージ
BMW 6シリーズ・グランツーリスモ 改良新型のティザーイメージ全 9 枚写真をすべて見る

BMWは、5月27日に韓国でワールドプレミアする予定の改良新型『6シリーズ・グランツーリスモ』(BMW 6 Series Gran Turismo)のティザーイメージを公開した。

6シリーズ・グランツーリスモは、『5シリーズ・グランツーリスモ』の後継車として、2017年6月に欧州で発表された。6シリーズ・グランツーリスモは、リアに大型ゲートを備えた5ドアハッチバックボディを採用する。BMWによると、ラグジュアリーセダンの持つ長距離走行時の快適性を、魅力的なクーペスタイルに融合させたという。

ボディサイズは、全長5091mm、全幅1902mm、全高1538mm。5シリーズ・グランツーリスモに対して、87mm長く、21mm背が低い。1902mmの全幅は変わっていない。クーペスタイルのルーフラインによって、リアエンドは64mm低められた。

後席は、大人3名が余裕を持って座れるフルサイズのシートを装備する。足元と頭上のゆとりは、5シリーズ グランツーリスモよりも高められた。後席の背もたれは40対20対40の3分割で倒れる。荷室容量は、5シリーズ・グランツーリスモよりも110リットル多い610リットルで、後席を倒せば、最大で1800リットルへ拡大する。

BMWは、この6シリーズ・グランツーリスモの改良新型のティザーイメージを公開した。新デザインのLEDテールランプやアルミホイール、小型のリアスポイラーなどの特長が見て取れる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ