メルセデスベンツ Sクラス 次期型、フロントマスクを公開…2020年後半のデビューが決定

メルセデスベンツ Sクラス 次期型
メルセデスベンツ Sクラス 次期型全 4 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツは5月25日、次期『Sクラス』(Mercedes-Benz S-Class)を、2020年の後半にワールドプレミアすると発表した。

メルセデスベンツは、9月にオープンするドイツ・ジンデルフィンゲンの新しい「ファクトリー56」において、次期Sクラスの生産を開始する予定だ。ファクトリー56は近代的な生産施設で、革新的な技術とプロセスを導入するのが特長になる。

また、次期Sクラスには、最新の人工知能(AI)が搭載される。現行型ではプラグインハイブリッド車(PHV)が用意される電動モデルについても、次期型では顧客のニーズに基づいて、電動化に関する基準を引き上げるという。

ダイムラーとメルセデスベンツのオラ・ケレニウスCEOは、「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による困難な状況にもかかわらず、戦略的な軌道に乗っている。2020年は次期Sクラスを発表する特別な年。現行型はすでにクラスの基準を引き上げたが、次期型は並外れた技術を備えた傑作となるだろう」と語った。

なお、メルセデスベンツは、次期Sクラスのフロントマスクのティザーイメージを1点配信した。大型のラジエーターグリルにワイドなバンパーグリル、最新のLED技術が組み込まれたヘッドライトが確認できる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ Sクラス 新型
  • メルセデスベンツ Sクラス 新型
  • メルセデスベンツの「ファクトリー56」で生産が開始された Sクラス 新型
  • メルセデスベンツ Sクラス 新型
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ