豊肥本線の全線再開は8月8日…熊本地震の本震から、およそ4年4か月ぶり

瀬田~立野間、復旧が進んだ現在の状況。
瀬田~立野間、復旧が進んだ現在の状況。全 6 枚写真をすべて見る

JR九州は5月27日、豊肥本線肥後大津~阿蘇間を8月8日始発から再開すると発表した。

熊本駅(熊本市西区)と大分駅(大分県大分市)を結ぶ豊肥本線は、2016年4月に発生した熊本地震の本震により全線で運行を見合わせた。

このうち、熊本~肥後大津間と阿蘇~大分間が同年7月までに再開したものの、被害が大きかった肥後大津~阿蘇間27.3kmは復旧工事が難航。しかし、2020年度末に阿蘇大橋地区の斜面崩壊部の対策がほぼ出来上がったとして、4月10日には国土交通省九州運輸局から、8月に再開できる運びになったことがアナウンスされていた。

なお、運行計画については検討中のため後日発表するとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。
  • 「ありがとう万代口駅舎」惜別プロモーションのメインビジュアル。
  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。

ピックアップ