ランドローバー ディスカバリー が大幅改良へ、シリーズ初のPHEVも登場か

ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 17 枚写真をすべて見る

新型『ディフェンダー』が話題となっているランドローバーから、ある意味“本命”ともいえるモデルの大幅マイチェンに関する情報が飛びこんできた。フルサイズSUV『ディスカバリー』の改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

ディスカバリーは、同社の「第三のモデル」(当時)として1989年に発売。1991年からは日本にも正規輸入され、手頃な本格SUV(クロカン)として日本でのブランドの裾野を広げた立役者となった。現行型となる5代目は2017年に登場、発売3年目にして初の大幅改良を迎える。

捉えたプロトタイプはカモフラージュが軽く、刷新されたエアインテークやフロントバンパーが確認できる。ヘッドライトやテールライトは今後着手されるとみられ、LEDデイタイムランニングライトは『ディスカバリースポーツ』のようなデュアルストリップセットアップが採用される可能性もある。

ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
キャビン内はデジタル・ゲージダイヤル、より大型で機能的なインフォテイメントシステム、ワイヤレス充電、スマートバックミラー、新しいトリム、最新のステアリングホイールデザインなどもみられるだろう。

目玉はディスカバリー初となるPHEVモデルの設定だ。欧州のCO2規格をクリアするためにはプラグインハイブリッド化が必要不可欠であり、『レンジローバースポーツ』で使用される4気筒「P400e」システムの導入、あるいは「ディスカバリースポーツ」の「P300」システムなどが予想される。

P300は、最高出力200psを発揮する1.5リットル直列3気筒「インジニウム」と、最高出力108psを発揮するモーターのプラグインハイブリッドとなる。さらには3.0リットル直列6気筒+最新の48Vマイルドハイブリッドの搭載も予想される。

ディスカバリー改良新型は、2020年内にデジタルワールドプレミアされる可能性が高い。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV