日産の世界生産、コロナ禍の影響大きく6割減 2020年4月実績

日産自動車の米スマーナ工場
日産自動車の米スマーナ工場全 1 枚写真をすべて見る

日産自動車は5月28日、2020年4月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。グローバル販売台数は前年同月比41.6%減の21万7264台、2か月連続で4割の大幅減となった。

国内販売は同39.2%減の2万0997台で7か月連続のマイナスだった。登録車は同44.7%減の1万2475台。好調だった軽自動車も同28.7%減の8522台で6か月ぶりのマイナスとなった。海外販売は同41.9%減の19万6267台となった。

グローバル生産は同62.4%減の15万0388台、7か月連続で前年同月実績を下回った。国内生産は同61.8%減の2万1669台。海外生産も同62.5%減の12万8719台で7か月連続のマイナスとなった。

輸出は同65.3%減の1万1024台。5か月連続で前年実績を下回った。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産自動車、石川県かほく市、米沢電気工事、石川日産自動車販売、電気自動車を活用した「災害対応力の強化と低炭素社会の実現に向けた連携協定」を締結
  • オンライン ナイト サファリ presented by NISSAN SERENA e-POWER
  • 東武バス
  • マーチニスモS(ニスモパーツ装着車)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV