インフィニティ、オンライン販売を米国で導入…新型コロナで来店できない顧客を支援

インフィニティのデジタルサービス「INFINITI NOW」のイメージ
インフィニティのデジタルサービス「INFINITI NOW」のイメージ全 2 枚写真をすべて見る

日産自動車の海外向け高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)は5月26日、米国でデジタルサービスを行う「INFINITI NOW」を立ち上げた、発表した。

INFINITI NOWは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大が続く中、顧客にインフィニティに期待するラグジュアリーな体験を提供することを目的としている。

INFINITI NOWの大きな特長が、デジタルサービスだ。新型コロナウイルスの影響で、ディーラーに足を運べない顧客のために、1対1のパーソナルデジタルショッピングツールが用意された。インフィニティのエキスパートが、ラインナップの閲覧や、テストドライブのスケジュール設定、資金調達の準備まで、顧客にあらゆる支援を行う。

また、INFINITI NOWでは、販売店において、新型コロナウイルスの感染防止対策として、消毒や社会的距離の維持などを徹底することも定めている。

インフィニティは、INFINITI NOWは、顧客とインフィニティ販売店を直接つなげるように開発されたプログラム、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV