三菱自動車の総生産台数、6割減の3万4467台 2020年4月実績

三菱自動車水島製作所
三菱自動車水島製作所全 3 枚写真をすべて見る

三菱自動車は5月28日、2020年4月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。総生産台数は前年同月比66.2%減の3万4467台で8か月連続のマイナスとなった。

国内生産は同67.6%減の1万5467台で2か月ぶりのマイナス。海外生産も同64.9%減の1万9000台と7か月連続で前年実績を下回った。

国内販売は同57.2%減の2745台で7か月連続のマイナスだった。登録車は同65.4%減の972台、軽自動車は同50.9%減の1773台。シェア(軽自動車・輸入車含む)は1.1%で前年同月から0.8ポイントダウンした。

輸出は同76.1%減の6804台で3か月ぶりのマイナスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱自動車の益子修会長
  • 三菱 eKクロススペース
  • 左から、帯広三菱自動車販売の鈴木修士社長、三菱自動車十勝研究所の新井慶司所長、音更町の小野信次町長、十勝三菱自動車販売の鈴木享社長
  • 三菱 eKクロススペース
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ