スバルの世界生産8割減、コロナ禍による稼働停止で海外生産はゼロ 2020年4月実績

スバル、インディアナ工場
スバル、インディアナ工場全 3 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は5月28日、2020年4月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同月比83.4%減の1万4912台で、2か月連続のマイナスとなった。

国内生産は新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、4月9日から5月1日まで操業を停止。同72.5%減の1万4912台で6か月ぶりのマイナス。海外生産も3月23日から5月8日の操業停止により、生産台数はゼロ。2か月連続の前年割れとなった。

国内販売は同47.5%減の5226台で3か月連続のマイナスとなった。登録車は同56.0%減の3587台で3か月連続のマイナス。軽自動車も同9.2%減の1639台と7か月連続で前年実績を下回った。

輸出は同51.3%減の2万2292台で6か月ぶりのマイナスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • まもなく発売される新型レヴォーグ。写真はプロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • スバル・レガシィ(米国仕様)
  • スバル、インディアナ工場
  • スバル・フォレスター 新型(北米仕様)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ