レンジローバー イヴォーク、3列7人乗りのLWB車両をスクープ!5人乗り廃止の可能性も

レンジローバー イヴォーク LWB 開発車両(スクープ写真)
レンジローバー イヴォーク LWB 開発車両(スクープ写真)全 12 枚写真をすべて見る

スタイリッシュ・クロスオーバーSUV、レンジローバー『イヴォーク』に設定される3列7人乗りのLWB(ロングホイールベース)モデルのプロトタイプ車両をカメラが初めて捉えた。

イヴォークは、2008年のデトロイトモーターショーにて発表されたコンセプトモデル、『LRX』を起源とし、初代が2011年に発売、翌2012年には日本市場にも投入されている。2代目は2018年に初公開、ランドローバー初の48Vマイルドハイブリッド車として2019年から発売されている。

これまでのイヴォークは、スタイリッシュなエクステリアと引き換えに後席の居住性に不満の声があった。より長いホイールベースは中国市場はもちろん、グローバル市場でも需要が高いとみられる。5ドアと比較して、LWBがどれだけ長いかは、公式リリースを待つまで不明だが、リアドアの長さから見て十分な後席スペースが確保されている様子だ。

レンジローバー イヴォーク LWB 開発車両(スクープ写真)
プロトタイプの外観はカモフラージュが施されているが、変更されない可能性もありそうだ。

キャビン内では、ランドローバー最新のステアリングホイールデザイン、デジタルゲージグラスタ、12.3インチのワイドスクリーン・インフォテイメントディスプレイ、及び、エアコン用第3のディスプレイを備える。

イヴォークLWBは、今年後半、あるいは2021年始めにお披露目される予定となっている。尚、5人乗りが廃止されるという噂も入っている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ