JAIAの理事長にVWジャパンのシェア社長を選任

JAIA理事長に就任したシェア氏
JAIA理事長に就任したシェア氏全 2 枚写真をすべて見る

日本自動車輸入組合(JAIA)は5月27日、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンのティル・シェア社長を理事長に選出したと発表した。

上野金太郎理事長(メルセデス・ベンツ日本社長兼CEO)は退任し、理事となった。シェア理事長の任期は2022年5月の「第57回通常総会」終了時までの2年間。

シェア理事長は「クルマとモーターサイクル市場の再活性化に取り組むとともに、電動車・自動運転車・コネクティッド車の普及、持続可能なモビリティの発展のために貢献していく。これらの目標達成に向けて、関係省庁・関連組織と更に協力していく」としている。

シェア氏は2016年3月にフォルクスワーゲン・グループ・ジャパンの社長に就任した。

アイコン JAIAアイコン JAIA

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ