メルセデスAMG GT、最強の「ブラックシリーズ」がニュルへ帰還

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ 開発車両 スクープ写真
メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ 開発車両 スクープ写真 全 11 枚 拡大写真
メルセデスAMGが開発を進める、 GTシリーズ最強モデルAMG『GT Rブラックシリーズ』市販型プロトタイプが、再びニュルブルクリンクへ帰還した。

新型コロナウィルスが、メルセデスベンツのタイムラインを延期させたかどうかは不明だが、GT Rブラックシリーズの開発は継続されていることは確かだ。

捉えたプロトタイプは、パナメリカーナグリルを備える迫力のフロントグリル、ボンネットフードにエアベント、リアには巨大ハイウィング、アグレッシブなリアディフューザー、クワッドエキゾーストパイプを装着、強力なAMGモデルのすべての特徴が見てとれる。

その心臓部には、『AMG GT63S 4ドアクーペ』と共有するAMG伝統の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、ブーストアップにより最高出力は711ps、最大トルク800Nmを発揮するとみられる。

これは、AMG『GT R』より134ps、100Nm高い数値だ。また車重は「GT R Pro」とほぼ同じ1575kgと予想され、最高速度320km/h、0-100km/h加速は「GT R」と「GT R Pro」が3.6秒なのに対して、ブラックシリーズは3秒のハイパフォーマンスとなる。

ワールドプレミアは、コロナウィルスのパンデミックにより、変動的とみられるが、2020年内の登場が期待される。価格はGT R Proの2954万円を超えると予想されている。

メルセデスAMG GTシリーズ最強モデル「ブラックシリーズ」、ニュルへ帰還!

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}