GMが2か月ぶり生産再開、6月から一部工場で増産…新型コロナの休止が解除

GMの米国テネシー州スプリングヒル工場
GMの米国テネシー州スプリングヒル工場全 3 枚写真をすべて見る

GM(General Motors)は5月28日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の影響で休止していた北米工場における生産を再開した、と発表した。

GMは3月18日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、北米工場での生産を一時的に停止した。北米の組み立て工場と部品工場の生産の再開は、およそ2か月ぶりとなる。

また6月1日から、米国とカナダの3つのクロスオーバー車の組み立て工場は2交代制となる。ミッドサイズとフルサイズのピックアップトラックを製造する米国の3つの組み立て工場は、1交代制から3交代制に移行する。他の5つの米国の組み立て工場は、1日1交代の生産シフトで稼働していく予定だ。

GMの広範囲にわたる安全対策はスムーズに機能しており、サプライヤー各社は、事業再開への戦略と安全手順の実施に向けて成果をあげた。GMは現在、顧客とディーラーの需要に対応するために、生産を拡大する体制にあるという。

GMは、従業員の強力なチームワークのもと、順調に稼働している、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GMと協力関係にあるEVgoの急速充電ステーション
  • シボレー・シルバラード
  • GMの米国本社
  • アルプスアルパイン
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ