京都鉄道博物館は6月15日に再開へ…入館は前売り入場券購入者に限定 体温37.5度以上は入館不可

6月15日に再開する京都鉄道博物館。再開後も、基本的には展示車両を外から見学できるに留まるようだ。
6月15日に再開する京都鉄道博物館。再開後も、基本的には展示車両を外から見学できるに留まるようだ。全 3 枚写真をすべて見る

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2月29日から休館していた京都鉄道博物館(京都市下京区)が6月15日に再開することになった。

ただし、感染防止対策として、入館は原則、6月8日10時から発売される前売入館券(枚数限定)の購入者のみとなる。

発売箇所はセブン-イレブン、PassMe!るるぶレジャーチケット、dトラベル、asoview!電子チケット、全国の主要な旅行会社で、京都鉄道博物館では発売されない。

入館は前売入場券に記載された時間以降に可能で、午前中は30分ごとの入館となる。入館の際は検温が実施され、37.5度以上の体温が計測された場合は入館できない。

また、館内では運転シミュレータやSLスチーム号の運行、触れる展示、各種体験や車両公開などが中止され、ナシ20形食堂車や0系新幹線車両の運転台、オハフ50形の休憩所、喫煙所などが閉鎖される。隣接する扇形車庫でのSL運転台見学もできない。

再開に伴ない、京都鉄道博物館では3密の防止と最大限の換気、手すりなどの消毒を徹底し、飛沫防止のビニールシート設置やスタッフのマスク着用なども行なうとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV