近鉄が新型特急『ひのとり』を増発…名阪間は平日10往復、土休日11往復に 6月13日

6両編成4本が増備される『ひのとり』用の80000系。
6両編成4本が増備される『ひのとり』用の80000系。全 1 枚写真をすべて見る

近畿日本鉄道(近鉄)は6月2日、80000系を使用する新型特急『ひのとり』を6月13日に増発すると発表した。

JRの「グランクラス」に相当する豪華なプレミアム車両を連結した『ひのとり』は3月14日、大阪難波~近鉄名古屋・近鉄奈良間の名阪・阪奈特急にデビュー。現在は名阪特急で1日6往復、阪奈特急で1日1往復が運行されているが、今回、6両編成4本が増備されて7本となることから増発が図られることになった。これにより、名阪特急では1日あたり、平日は10往復、土休日は11往復の運行となる。

名阪特急の増発列車は、大阪難波発が平日7時・12時・17時・19時、土休日10時・14時・16時・20時・21時、近鉄名古屋発が平日9時・10時・15時・18時、土休日7時・11時・17時・17時25分・18時25分。

また、大阪難波~近鉄奈良間の阪奈特急でも6月15日から平日に限り増発され、大阪難波発20時45分発、近鉄奈良発21時30分の列車が『ひのとり』に置き換えられる。

なお、土休日に減便されていた近鉄難波発16時20分・17時20分・18時20分、近鉄名古屋発16時25分・17時25分・18時25分の列車は6月13日に再開される。

近鉄では2020年度中に、名阪特急で毎時00分発の列車と、停車駅が少ない列車(平日15往復、土休日19往復)を『ひのとり』で運行するとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ