メルセデスベンツ Cクラスセダン 次期型、最新プロトタイプをキャッチ

メルセデスベンツ Cクラスセダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツ Cクラスセダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 10 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツの主力モデル、『Cクラスセダン』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ダイムラーの施設のすぐ近くで捉えた最新プロトタイプは、ボディがフルカモフラージュされていた。その下には生産型ボディパネルと、『CLS』に似たLEDデイタイムランニングライトを備える新ヘッドライトや、垂直基調から水平基調へ刷新されるテールライトの一部が見てとれる。

フロントエンドには、大型のコーナーエアインテークやアグレッシブなバンパーを装備。このプロトタイプはAMGラインやスポーティなモデルの可能性がありそうだ。

プロトタイプを見る限り、新型の全長はさほど延長されているようには見えないが、アップデートされた「MRA」プラットフォームにより、「W206」ではより広々とした室内を提供してくれることが期待されている。

メルセデスベンツ Cクラスセダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ Cクラスセダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
キャビン内では、ダッシュボードに統合される、最新のMBUXインフォテイメントシステムを備えるほか、HVACシステムはタッチスクリーンに統合されるのではなく、個別のモジュールになるため小型化されるようだ。またワイヤレス充電が可能なスマートフォン収納スペース、新設計された3スポーク・ステアリングホイールなどを装備するだろう。

パワートレインは、48Vマイルドハイブリッドの「EQブースト」をメインとし、エントリーモデルには、最高出力185psを発揮する1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッド、最高出力192psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ+マイルドハイブリッド、さらに100kmのEV走行を実現すると噂される直列4気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドなども予想される。

AMGモデルは、最高出力370psを発揮する3.0リットル直列6気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッドの「C43」は濃厚。「C63」は、4.0リットルV型8気筒を廃止し、ハイブリッド化された2.0リットルユニットへ置き換えられる可能性があるが、最高出力は500psを超えるだろう。

ワールドプレミアは、2020年末か2021年初頭と予想される。セダン登場の後はエステート(ステーション)ワゴン、オールテレーン、クーペ、カブリオレなどCクラスファミリーが順次発表される予定だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】メルセデスベンツ Cクラスセダン 次期型、最新プロトタイプをキャッチ(10枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【三菱 アウトランダー 新型】大型化し上級SUVに、PHEVで7人乗り実現…価格は462万1100円から
  2. 【GR 86 新型】ついに正式発売、スバルBRZと差別化「GRらしい味」に…価格は279万9000円から
  3. マツダ3/CX-30、エンジンサウンドを進化…新グレードや特別仕様車も追加
  4. シボレー コルベットZ06 新型発表…「アメリカンスーパーカー」を標榜、自然吸気で670馬力
  5. 【三菱 アウトランダーPHEV 新型試乗】ランエボ時代から培ったS-AWCがいよいよ完成の域に達した…中谷明彦
  6. 【三菱 アウトランダーPHEV 新型】加藤社長「国内は年度内に5000台を目標」…3社提携の共通プラットフォーム採用
  7. BMW X3/X4 改良新型発売、前後デザイン刷新…安全機能も進化
  8. 【GR 86 新型】日常と非日常を高次元で調律、各種GRパーツ発売
  9. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  10. 「電気か水素かHVか、そんな議論はナンセンス」揺れる自動車業界を、国際モータージャーナリスト清水和夫が読み解く
ランキングをもっと見る