ルノー トゥインゴ に限定車…飛行機雲が描かれたパリの空「シエル」をイメージ

ルノー・トゥインゴ ・シエル
ルノー・トゥインゴ ・シエル全 8 枚写真をすべて見る

ルノー・ジャポンは、夏空を思わせるブルードラジェのボディに、飛行機雲をイメージした専用トリコロールサイドストライプをあしらった、ルノー『トゥインゴ』(Renault Twingo)の限定車、「トゥインゴ ・シエル」を、6月4日から全国のルノー正規販売店で販売する。

車名の「シエル」とは、「空」を意味するフランス語だ。新型トゥインゴは、パリのデザインやライフスタイルに調和する新しいエクステリアデザインとなった。夏のパリの空は飛行機雲ができやすく、たくさんの飛行機雲で彩られる。トゥインゴ・シエルは、パリの抜けるような青い夏空に、幾筋もの飛行機雲が描かれている風景に着想を得た。

トゥインゴ・シエルのベースグレードは「トゥインゴEDC」。トゥインゴ・シエルには、ボディ同色サイドプロテクションモール(TWINGOロゴ入り)、専用トリコロールサイドストライプ、16インチアロイホイール、レザー調×ファブリックコンビシート、 リアカメラなどが装備された。

販売台数は200台限定で、メーカー希望小売価格は215万円。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ