三菱自動車、福岡県と災害時協力協定締結 全国50自治体と電動車貸与で連携

三菱 アウトランダーPHEV
三菱 アウトランダーPHEV全 1 枚写真をすべて見る

三菱自動車は6月3日、福岡県、九州三菱自動車販売との間で災害時協力協定を締結したと発表した。九州最大の人口を抱える福岡県にて、災害時に同社製電動車を貸与する体制を整え、安全・安心への貢献を目指す。

今回の協定は、災害発生時に改めて自治体と必要事項を確認する時間的ロスをなくし、給電等に活用できる『アウトランダーPHEV』などの電動車を速やかに被災地・避難所等へ届けることが狙い。福岡県は2017年7月に深刻な豪雨被害に見舞われたが、その際も朝倉市や東峰村にアウトランダーPHEVが派遣され、人員・物資の輸送手段として活用された。

同社は2019年8月より、2022年度までに全国の自治体と災害時協力協定の締結を目指す「DENDOコミュニティサポートプログラム」を推進しており、今回で締結自治体は50となった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 米「Rebelle Rally」に参戦した三菱 アウトランダー PHEV
  • “ダイサン”東京旧車会
  • 三菱 エクリプスクロス 改良新型のPHEVモデル
  • 三菱 エクリプスクロス 改良新型のPHEVモデル
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV