ライダーの祭典「ブルースカイヘブン」、2021年に延期決定

ブルースカイヘブン2020
ブルースカイヘブン2020全 1 枚写真をすべて見る

ブルースカイヘブン実行委員会は、10月3日・4日に苗場スキー場(新潟県)で予定していたハーレーファンの祭典「ブルースカイヘブン2020」の開催を2021年初夏へ延期すると発表した。

ブルースカイヘブンは、最大1万台規模のモーターサイクルが日本全国から集結する日本最大級のライダースイベント。同実行委員会では、2年ぶりの復活となる今回の開催に向け、より安全で最適な会場レイアウトへの変更をはじめ「密」を回避するための運営を探ってきたが、数多くのライダーが日本中から県を跨ぎ移動することに加え、来場者や出店者、スタッフの健康と安全を優先する責務があることを鑑み、今年10月の開催を見送る決定をした。

同実行委員会は、ライダーと地域住民が安心して楽しめる2021年の新生ブルースカイヘブンに向け準備を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS

ピックアップ

Response.TV