三菱 アウトランダーPHEV、特別仕様車「ブラックエディション」発売 ビルシュタインショック採用

三菱 アウトランダーPHEV
三菱 アウトランダーPHEV全 5 枚写真をすべて見る

三菱自動車は、『アウトランダーPHEV』に上質でスポーティな特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、6月4日より販売を開始した。

エクステリアは、フロントグリルをブラックメッキ、前後スキッドプレートはブラックマイカ、フロントフォグランプベゼルにはピアノブラックを採用することで、スポーティで精悍な表情とし、ブラック塗装の18インチアルミホイールを採用して足元を引き締めた。

インテリアは、ヘッドライニングと各種トリムをブラックで統一し、スポーティなドライビング空間とした。また、本革巻ステアリングホイール、前後コンビネーションシート、メーターフードなどのステッチをレッドとしたほか、ピアノブラックのセレクターレバー、ブラックカーボン調のドアトリムオーナメント、アルミペダルを採用し、スポーティさを高めている。

機能装備では、ビルシュタイン社製の高性能ショックアブソーバーを採用。優れた操縦性と上質な乗り心地を実現する。

ボディカラーは、2トーンカラーのチタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ(有料色5万5000円)、レッドダイヤモンド/ブラックマイカ(同13万2000円)、ホワイトパール/ブラックマイカ(同8万8000円)の3種類を設定。ルーフ部をブラックマイカ塗装とすることで、低重心なイメージとしてスポーティさを際立たせた。また、モノトーンカラーはブラックマイカを設定し、合計4種類のカラー展開とした。価格は441万3200円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 アウトランダーPHEV
  • 三菱 アウトランダー PHEVの2020年モデル(英国仕様)
  • 2018年式 アウトランダーPHEV
  • 5月1日、ロンドン市内
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ