フィアット ティーポ に初のSUV登場か、第4のモデルをスクープ

フィアット ティーポ クロス(仮)開発車両
フィアット ティーポ クロス(仮)開発車両全 13 枚写真をすべて見る

フィアットの欧州Cセグメント・ハッチバック『ティーポ』改良新型に設定されるとみられる、クロスオーバーSUVタイプの派生モデル『ティーポ クロス』(仮称)市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

ティーポ現行型は2015年に登場しており、現在ハッチバック、セダン、ワゴンと派生モデルを展開、「クロス」はこれらに続く第4のモデルとなる。

捉えたプロトタイプは、ボディをリフトアップ、幅の広いプラスチック・ホイールアーチ、プラスチック・クラッディングを備えるバンパー、分厚いタイヤなどが装着されている。またヘッドライト、テールライトなども再設計されていることがわかる。

キャビン内は撮影できていないが、おそらく大型ディスプレイを備えた新しいインフォテイメントシステムを装備、トリム類も刷新されるだろう。

パワートレインは、最高出力95psを発揮する1.4リットルガソリンユニット、最高出力95hpを発揮する1.3リットル及び最高出力120hpを発揮する1.6リットルのディーゼルなどがキャリーオーバーされるが、燃料ポンプのパフォーマンス向上により、CO2排出量が削減される可能性があるという。

ワールドプレミアの時期は不明だが、発売されれば、フォード『フォーカス アクティブ』やキア『XCeed』と市場で争うことになるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ