【三菱 eKクロススペース/eKスペース 新型まとめ】ハイトワゴンに“三菱らしさ”を追加…価格やデザイン、試乗記

三菱 eKスペース(左)とeKクロススペース
三菱 eKスペース(左)とeKクロススペース全 8 枚写真をすべて見る

2月6日に販売が開始された三菱の新型スーパーハイト軽ワゴン『eKクロススペース』と『eKスペース』。先代の『eKスペースカスタム』は同社のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」をフロントフェイスに採用したSUVテイストの強い『eKクロススペース』に取って代わられた。

目次

  1. ギラギラ系カスタムから決別、その理由とは[デザイナーインタビュー]
  2. 軽スーパーハイトワゴンを3月19日に発売 価格は139万9200円から
  3. 印藤執行役「事前受注5000台目指す」
  4. 三菱らしさ=SUVテイストによる力強さ[商品担当インタビュー]
  5. 家族のために進化した、装備、インテリア、マイパイロット
  6. 【試乗】背高でも走りはさすが!スーパーハイト軽のパイオニア…竹岡圭

ギラギラ系カスタムから決別、その理由とは[デザイナーインタビュー]

三菱自動車のスーパーハイト軽ワゴン、『ekクロススペース』と『ekスペース』が6日、正式発表された。これまであった『ekカスタム』は廃止され、その代わりにSUVテイストを強めたekクロススペースが加わったのが大きなトピックだ。

そのコンセプトやねらいについて、デザイナーであるデザイン本部プロダクトデザイン部デザイン・プログラム・マネージャーの大石聖二氏(以下敬称略)に聞いた。

[続きを読む]

ギラギラ系カスタムから決別、その理由とは[デザイナーインタビュー] 画像

  • 三菱 ekクロススペース と eKスペース新型
  • 三菱 ekクロススペース
  • 三菱 ekクロススペース
  • 三菱 ekクロススペース
  • 三菱 ekクロススペース
  • 三菱 ekクロススペース

軽スーパーハイトワゴンを3月19日に発売 価格は139万9200円から

三菱自動車は、軽スーパーハイトワゴン『eKスペース』を約6年ぶりにフルモデルチェンジするとともに、SUVテイストのクロスオーバーモデル『eKクロススペース』を新たに設定し、3月19日から発売する。

eKクロススペースは、フロントフェイスに三菱自動車のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。水平垂直基調のバンパーやグリルにより、SUVらしい力強さと安定感を表現した。また、前方から後方に向かって伸びる彫刻的で立体感のあるキャラクターラインにより、前後に突き抜ける勢いのある骨格の強さを表現。タイヤを車体の四隅に配し、それを包み込むバンパーサイドへとつながるフェンダーにより、しっかりと路面をつかんで踏ん張るイメージを強調した。

[続きを読む]

軽スーパーハイトワゴンを3月19日に発売 価格は139万9200円から 画像

  • 三菱 eKクロス スペース
  • 三菱 eKクロス
  • 三菱 eKクロス スペース
  • 三菱 eKクロス スペース
  • 三菱 eKクロス
  • 三菱 eKクロス

印藤執行役「事前受注5000台目指す」

三菱自動車は軽スーパーハイトワゴン『eKスペース』を約6年ぶりに全面改良するとともに、クロスオーバータイプの『eKクロススペース』を新設定し、3月19日に発売すると発表した。価格はeKスペースが139万9200~176万7700円、eKクロススペースが165万5500~199万1000円。

[続きを読む]

印藤執行役「事前受注5000台目指す」 画像

三菱自動車 eKクロススペース/eKスペース 発表会三菱自動車 eKクロススペース/eKスペース 発表会

三菱らしさ=SUVテイストによる力強さ[商品担当インタビュー]

三菱自動車はスーパーハイト軽ワゴンの『eKクロススペース』と『eKスペース』を発表した。ハイト軽ワゴンの『eKクロス』と同様にSUVテイストを盛り込んだeKクロススペースがラインナップされたが、どのようにユーザーを差別化したのか。商品担当に話を聞いた。

安全機能は最重要課題として

[続きを読む]

三菱らしさ=SUVテイストによる力強さ[商品担当インタビュー] 画像

  • 三菱 ekクロススペース
  • 三菱 ekクロススペース
  • 三菱 ekクロススペース
  • 三菱 ekスペース 新型
  • 三菱 ekクロススペース
  • 三菱 ekクロススペース

家族のために進化した、装備、インテリア、マイパイロット

デザインコンセプトは“SMILES & FREESTYLE”

三菱はスーパーハイト軽ワゴンの『eKクロススペース』と『eKスペース』を発表、3月19日より販売が開始される。『eKワゴンシリーズ』と同様、eKスペースシリーズにもSUVテイストを盛り込んだeKクロススペースが設定された。

[続きを読む]

家族のために進化した、装備、インテリア、マイパイロット 画像

三菱 eKスペースとekクロススペース三菱 eKスペースとekクロススペース

【試乗】背高でも走りはさすが!スーパーハイト軽のパイオニア…竹岡圭

自動車販売割合の約4割が軽自動車と言われて久しいですが、その中でもスーパーハイトワゴンは大人気。でもそのスーパーハイトワゴンのパイオニアが、実は三菱自動車だっていうこと、ご存知でしたか?

1990年に登場した『ミニカトッポ』の全高を、さらに7cm伸ばした『ミニカトッポスーパーハイルーフ』これこそ、スーパーハイトワゴンの元祖なんです。それだけにスーパーハイトワゴンをしっかり走らせるためのコツみたいなものを、三菱はしっかり持っているのだと思います。

[続きを読む]

【試乗】背高でも走りはさすが!スーパーハイト軽のパイオニア…竹岡圭 画像

三菱 eKクロス スペース三菱 eKクロス スペース

《滑川寛》

この記事の写真

/

ピックアップ