ボルボカーズ、再生可能電力使用率80%を達成…全世界の工場で

100%再生可能電力によるオペレーションを実現したボルボカーズの中国成都工場
100%再生可能電力によるオペレーションを実現したボルボカーズの中国成都工場全 2 枚写真をすべて見る

ボルボカーズ(Volvo Cars)は6月5日、全世界の製造拠点における再生可能電力使用率が80%を達成した、と発表した。

ボルボカーズは、製造拠点でのCO2排出量の削減に対して着実に取り組んでおり、ここ数年で数々のマイルストーンを達成してきた。欧州の全工場では2008年から、クライメートニュートラルな電力供給が行われている。2018年にはスウェーデン・ショヴデのエンジン工場が、ボルボカーズとして初めて、完全にクライメートニュートラルな工場になった。

また、ベルギーのゲント工場では2018年、1万5000枚のソーラーパネルを設置した。ボルボカーズの製造拠点で初めて、太陽光エネルギーを大規模に導入した工場になった。さらに、中国最大の成都工場では100%再生可能電力によるオペレーションを実現している。

これらの対策は、ボルボカーズが2019年末に立ち上げた気候変動対策の一環だ。自動車業界で最も野心的な計画のひとつになるという。この計画の柱となるのは、2025年までに世界の販売台数の50%をフルEVにし、残りをハイブリッド車にするという目標だ。

この計画は、全モデルの電動化による車両からのCO2排出量の削減にとどまらず、ボルボーズの幅広い業務分野やサプライチェーン、資材のリサイクルや再利用によるCO2排出量の削減も含まれる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルボ XC90 T8 エクセレンス
  • ボルボカーズの新世代の小型車向けプラットホーム「CMA」
  • メルセデスベンツ GLA ボルボ XC40 アウディ Q2 VW Tクロス シトロエンC3エアクロス
  • ボルボ P1800 EV(仮)開発車両のスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ