JR九州の在来線特急と観光列車、減便を6月19日から解除

減便解除後も臨時列車の一部で運休が続く佐世保・大村線の特急『ハウステンボス』。
減便解除後も臨時列車の一部で運休が続く佐世保・大村線の特急『ハウステンボス』。全 3 枚写真をすべて見る

JR九州は6月8日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて減便していた在来線列車を、6月19日に再開すると発表した。

ただし、博多~ハウステンボス間の『ハウステンボス』などを含む一部の臨時列車については減便を継続するほか、「D&S列車」と呼ばれる観光列車のうち、佐賀~長崎間の『JRKYUSHU SWEET TRAIN 或る列車』については6月中は運休。豊肥本線で運行される『あそぼーい!』については、8月8日の豊肥本線全線復旧に合わせて再開する。

なお、指定席券については6月8日から発売を開始しており、乗車日1か月前10時からの通常発売となる。

一方、クルーズトレインの『ななつ星in九州』は、3泊4日コースが7月14日出発分から、1泊2日コースが7月18日出発分から再開する。その準備として7月7~10日には3泊4日コースを使った訓練運行を実施する。なお、8月8~14日は運休となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。
  • 東京モノレールの1000形。安定輪が破損した形式は明らかにされていない。
  • 最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。
  • グランスタ東京「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」(洋食レストラン)
  • 秩父鉄道の電気機関車と石灰石輸送用貨車。
  • 大村線を行く国鉄色のキハ66・67。今回は、水色をベースに側扉が赤く塗られた、いわゆる「シーサイドライナー」色車が一部引退する。
  • 通常は熊本~人吉間で運行されている『かわせみ やませみ』。
  • クラゲもいる小田急の“竜宮城”駅が完成…日没後にライトアップされる片瀬江ノ島駅

ピックアップ