JR北海道の減便解除、新幹線と在来線は7月1日から…快速『エアポート』は6月14日から通常に

6月14日から全列車が運休する旭川~網走間の特急『大雪』も、7月1日に再開する。
6月14日から全列車が運休する旭川~網走間の特急『大雪』も、7月1日に再開する。全 4 枚写真をすべて見る

JR北海道は6月10日、新型コロナウイルスの影響で実施していた北海道新幹線、在来線特急、快速『エアポート』などの減便を順次解除すると発表した。

これは北海道が5月29日に示した「新型コロナウイルス感染症対策に関する基本方針」に基づく、外出自粛などの段階的緩和策を受けてのもので、6月18日までは他都府県や札幌との不要不急の往来を「慎重に対応」することが求められているが、6月19日からは「新しい生活様式の実践」などを条件に本格的に緩和されることになっている。

また、鈴木直道北海道知事は6月9日の定例会見で、観光事業者への支援を目的に北海道内の旅行に対して代金を最大半額補助する、総額23億円の「どうみん割」を7月1日から実施するなどの経済施策も公表している。

こうした動きのなかで、JR北海道でも減便を段階的に解除。北海道新幹線では7月1日に『はやぶさ7・14・19・29・32・44号』の東京直通が再開され、一部列車を除いて通常運行に戻る。なお、これらの指定席は7月1~8日乗車分が6月18日5時30分から発売される。

一方、在来線では、6月14日に札幌~旭川間の特急『ライラック』2本の追加減便と、札幌~新千歳空港間の快速『エアポート』の減便を解除。7月1日からは普通列車を含む全列車の減便が解除され、指定席を6月11日5時30分から発売する。

このほか、夏の臨時列車については、富良野線の『富良野・美瑛ノロッコ号』、釧網本線の『くしろ湿原ノロッコ号』、札幌~富良野間の特急『フラノラベンダーエクスプレス』(7月分)の指定席発売も開始される。

この3列車以外は発売見合せが継続され、札幌~旭川間の『カムイ』、函館~札幌間の『北斗』の臨時列車については、一部が運休となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ