【トヨタ ライズ】ロッキーとの違いは“顔”とグレード&装備[詳細画像]

トヨタ ライズ
トヨタ ライズ全 27 枚写真をすべて見る

トヨタが新たにラインナップする5ナンバーサイズコンパクトSUV『ライズ』は、シティーユースからレジャーまでをサポートする「アクティブ・ユースフル・コンパクト」をコンセプトに開発された。

トヨタ ライズ
ライズは、新世代のクルマづくりの根幹となる「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」導入第2弾となるダイハツ『ロッキー』のOEMモデル。

DNGAプラットフォームの導入により、ボディサイズが全長3995×全幅1695×全高1620mmとコンパクトながらも広い室内空間と荷室容量を確保している。2525mmのホイールベースと、SUVらしさを強調する17インチの大径タイヤを装備(Zグレード)しつつも最小回転半径5mと取り回しの良さも実現している。

トヨタ ライズ
搭載されるパワートレインには、1.0リットル3気筒ターボエンジンにD-CVTを組み合わせ、駆動方式は2WDと4WDを設定している。

安全装備も充実させ、全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)や駐車支援システムのスマートパノラマパーキングアシスト、対車両・対歩行者衝突回避支援ブレーキ機能などを装備している。

トヨタ ライズ
トヨタのSUVだとひと目で分かるように台形グリルを持つフロントマスクやホイールデザインを持つ他に、ダイハツロッキーとのスペック上での相違点はない。

設定されたボディカラーは、モノトーン8色とツートン3色。エントリーモデルの「X」から「X”S”」、「G」、「Z」の4グレードを設定し、価格は167万9000円から228万2200円(税込)。ロッキーとはグレード体系が若干異なり、エントリーモデルで比べるとライズの方が安い(ロッキー L は170万5000円)が、スマートアシストが付かないなどの違いがある。

トヨタ ライズ

《滑川寛》

この記事の写真

/

ピックアップ