阪神の車内に抗ウイルス・抗菌加工…対象は全車両、効果は数年間持続 6月中旬から

全車両にインフルエンザウイルスなどに対する効果が持続する抗ウイルス・抗菌加工が施される阪神電車。写真は急行用の9000系。
全車両にインフルエンザウイルスなどに対する効果が持続する抗ウイルス・抗菌加工が施される阪神電車。写真は急行用の9000系。全 2 枚写真をすべて見る

阪神電気鉄道(阪神)は6月12日、同社が保有する全車両(358両)の車内に、6月中旬から順次、抗ウイルス・抗菌加工を施すと発表した。

同社では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、定期的に車内の消毒などを行なってきたが、今回は、インフルエンザウイルスなどに対して、効果が数年間持続されることが確認されている抗ウイルス・抗菌剤を、座席や吊り革、握り棒、窓などに噴霧加工することで、さらに安心して乗車できる車内環境を整える。

阪神では、使用する抗ウイルス・抗菌剤が人体や環境に影響を与えることはないとしており、加工作業は9月末までに順次実施。加工済の車内にはそのことを示すステッカーが掲出される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。

ピックアップ

Response.TV