阪神の車内に抗ウイルス・抗菌加工…対象は全車両、効果は数年間持続 6月中旬から

全車両にインフルエンザウイルスなどに対する効果が持続する抗ウイルス・抗菌加工が施される阪神電車。写真は急行用の9000系。
全車両にインフルエンザウイルスなどに対する効果が持続する抗ウイルス・抗菌加工が施される阪神電車。写真は急行用の9000系。全 2 枚写真をすべて見る

阪神電気鉄道(阪神)は6月12日、同社が保有する全車両(358両)の車内に、6月中旬から順次、抗ウイルス・抗菌加工を施すと発表した。

同社では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、定期的に車内の消毒などを行なってきたが、今回は、インフルエンザウイルスなどに対して、効果が数年間持続されることが確認されている抗ウイルス・抗菌剤を、座席や吊り革、握り棒、窓などに噴霧加工することで、さらに安心して乗車できる車内環境を整える。

阪神では、使用する抗ウイルス・抗菌剤が人体や環境に影響を与えることはないとしており、加工作業は9月末までに順次実施。加工済の車内にはそのことを示すステッカーが掲出される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。
  • 東京モノレールの1000形。安定輪が破損した形式は明らかにされていない。
  • 最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。
  • グランスタ東京「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」(洋食レストラン)
  • 秩父鉄道の電気機関車と石灰石輸送用貨車。
  • 大村線を行く国鉄色のキハ66・67。今回は、水色をベースに側扉が赤く塗られた、いわゆる「シーサイドライナー」色車が一部引退する。
  • 通常は熊本~人吉間で運行されている『かわせみ やませみ』。
  • クラゲもいる小田急の“竜宮城”駅が完成…日没後にライトアップされる片瀬江ノ島駅

ピックアップ