三菱 GTO 復活か、後継「4000GT」か…再燃する噂の真相とは

自動車 ニューモデル 新型車
三菱 4000GT 予想CG
三菱 4000GT 予想CG 全 13 枚 拡大写真
三菱がかつて販売していた2ドアクーペ、『GTO』(海外名:3000GT)後継モデル「4000GT」の噂が再浮上、そのエクステリアを大予想した。

GTOは、1990年から2001年まで販売された2ドアスポーツクーペだ。3年ほど前には、その後継モデルの噂があり、Spyder7スクープ班では予想CGを制作している。今回は、デザイナーのMatthew Parsons氏に協力してもらった。

なぜこのタイミングで再び噂がでたかというと、今話題となっている日産『フェアレディZ』新型と「FR-L」プラットフォームを共有する可能性が伝えられているからだ。

予想したエクステリアは、3000GTと比較するとなめらかなボディシルエットから離れ、鋭くシャープなプレスライン、存在感のあるフェンダーなどが特徴的だ。また3000GTが前後同じ長さのオーバーハングを持っていたのに対し、4000GTではリアは短く、フロントフードは長くすることでスポーティな外観を与えている。

フロントエンドではオリジナルの意匠を継承、ダイナミックシールドをあえて採用せず、リトラクタブルヘッドライトを装備している。反面、車幅いっぱいにのびるLEDデイタイムランニングライトやテールライトを持ち、フェンダーアーチ型リアウィングには縦型のハイマウントブレーキランプを配置するなど、最新のデザインも取り入れられている。

フロントフェンダーに刻まれた「TURBO」の文字通り、パワートレインは3.0リットルV型6気筒ターボエンジンを搭載、電気モーターと組み合わされハイブリッドの可能性もありそうだ。そうなれば最高出力400ps程度も可能となるだろう。

GTO後継モデルに関しては、噂の域を出ておらず、今のところ実現の可能性は低いが、期待したい1台であることは間違いない。

三菱「4000GT」が登場!? このタイミングで噂される理由とは

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ