トヨタ フォーチュナー 改良新型…IMVプロジェクトの人気7人乗りSUV、タイで発表

トヨタ・フォーチュナー改良新型(タイ仕様)
トヨタ・フォーチュナー改良新型(タイ仕様)全 23 枚写真をすべて見る

トヨタのタイ法人は4日、7人乗りSUV『フォーチュナー』の改良新型を発表した。モデルライフ中期のアップグレードになる。フォーチュナーはトヨタ自動車が2004年から展開する「IMV」=革新的国際多目的車プロジェクトの1車種だ。

IMVプロジェクトではタイがピックアップや多人数乗用車の生産拠点となっており、現行フォーチュナーは2015年から東南アジア、オーストラリア市場に投入された。タイではPPV=ピックアップベース乗用車と呼ばれるカテゴリーに属し、さらにその中でもラグジュアリー・セグメントになる。フォーチュナーは、タイのPPV市場でシェア43.4%を占める人気車だ。

改良新型の開発では、「プレステージ&クール」というテーマで「ラグジュアリー」や「モダン」といった感覚を強調したという。レジャー用途と日々の通勤の両方で使える1台だ。大胆なエクステリアデザインは、プレミアム感を増してリフレッシュされた。これは、都市内の快適なトランスポーター、そしてタフなオフロード開拓者という、フォーチュナーの役割を反映させたものだ。

もっとも有意義な変更点は車体内部で、エンジン設計の見直しにより、出力を増強しながら燃費の向上を図った。2.8リットル4気筒ターボディーゼル・エンジンの最高出力は150kW(204PS)、ピークトルクは500Nmだ。これは従来型に比べてそれぞれ20kW、50Nmの強化となる。タイ市場向けには2.4リットルも用意される。オーストラリアのユーザーにとってうれしい改良点は牽引重量の増加で、従来型プラス300kgの3100kgとなった。

室内のディスプレイは9インチ(タイ上級グレード)または8インチ(タイ標準グレードとオーストラリア仕様)で、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応する。

タイ市場では6月4日から受注を開始し、標準グレードは6月からデリバリーを開始、上級グレード「レジェンダー」は8月からのデリバリーとなる。価格は131万9000タイバーツ(=約460万円)から183万9000タイバーツ(=約640万円)まで。オーストラリア市場での発売は8月下旬の予定だ。トヨタ・フォーチュナー改良新型(タイ仕様)

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ