リニア静岡工区、トンネル掘削を含まない準備工事を6月中に再開したい…JR東海が静岡県に要請

西俣ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
西俣ヤードにおける工事状況と準備再開内容。全 3 枚写真をすべて見る

JR東海は6月12日、リニア中央新幹線静岡工区において、6月中にも再開したいとするヤード準備工事の内容を明らかにした。

静岡工区については、大井川水系の水資源問題を巡って、工事主体のJR東海と静岡県が、国土交通省が主催する有識者会議を通して、科学的な見地から検討を進めているが、静岡県はこの問題の解決がなければ静岡工区の工事を認めない姿勢を崩していない。

このような経緯で、静岡工区の西俣、千石、椹島(さわらじま)の各ヤードでは、トンネル掘削の前段階として進めていた一部の工事が中断もしくは未着手となっていることから、JR東海の金子慎社長は5月29日の社長会見で「6月中にも準備工事に入らなければ2027年の開業が困難」という見方を示し、静岡県に対して、トンネルの掘削を含まない準備工事の再開を了承する要請を行なったという。

要請内容によると、各ヤードでは土砂ピットや濁水処理設備等の設置、樹木伐採や斜面補強など坑口予定箇所の整備を再開したいとしており、千石、椹島の両ヤードでは、切土や盛土をした上で、工事を進めるとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 北海道・東北新幹線H5系の車内。E5系やE7系、W7系とともに4以上の車椅子用フリースペースを設けることとされている。
  • 南側の新駅外観イメージ。
  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。

ピックアップ

Response.TV