【レクサス IS 改良新型】小林チーフエンジニア「過酷な環境の下山コースで鍛えた」

レクサスインターナショナルの小林直樹チーフエンジニア(プレゼンテーション動画から)
レクサスインターナショナルの小林直樹チーフエンジニア(プレゼンテーション動画から)全 7 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は6月16日、レクサスのスポーツセダン『IS』をマイナーチェンジし、米国からのプレゼンテーション動画などで世界初公開した。日本では2020年秋ごろに発売する。

今回の改良ではフロントグリルやリアのデザインを刷新し、従来の18インチに加え、新たに19インチのタイヤサイズも設定した。走行性能ではステアリングやペダルの応答性や制御性などをチューニングし、「Lexus Driving Signature」と呼ぶレクサスならではの“乗り味”を追求したという。パワートレーンのバリエーションは、2.5リットルハイブリッド(HV)、2.0リットル直噴ターボ、V6型3.5リットル―の3タイプを踏襲している。

チューニングでは国内外の走行施設などを活用しているが、とりわけトヨタが19年4月に開設したテストコース「トヨタテクニカルセンター下山」(豊田市下山地区)のカントリー路を主体に実験を重ねた。新しいISは、ここで鍛えられて登場する最初のモデル群のひとつとなる。

このコースは、自然の地形を生かしたおよそ75mの高低差や逆バンクを含む多様なカーブ、路面を組み合わせたもので、全長は5.3km。耐久レースや世界の自動車メーカーのテスト走行に使われるドイツのニュルブルクリンクでの走行経験を設計に活かしている。

16日の動画プレゼンテーションのなかで、開発を担当したレクサスインターナショナルの小林直樹チーフエンジニアは「ドライバーとクルマが対話でき、ドラーバーの意志が正確にクルマに伝わってクルマとの一体感が生まれるよう徹底したチューニングを行った。そのためには過酷な環境が必要であり、われわれは大変厳しいコースである下山を開発拠点に選んだ」と話した。

さらに「人の感性に訴えるかける気持ち良さを、ひたすら目指した。チューニングではステアリングを切ってから戻す、またブレーキを踏んでから抜く時の手応えやコントロール性にこだわった。対話の邪魔になる騒音や振動も徹底的に排除しており、是非ISとの対話を楽しんでいただきたい」とアピールした。

《池原照雄》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV