ブリヂストンとJAL、タイヤ摩耗予測技術を活用し航空機整備作業を効率化

JALとブリヂストン、タイヤ摩耗予測技術を活用し航空機整備作業を効率化
JALとブリヂストン、タイヤ摩耗予測技術を活用し航空機整備作業を効率化全 1 枚写真をすべて見る

ブリヂストンと日本航空(JAL)は、伊丹空港をベースに国内線を運航するJALグループエアライン、ジェイエア(J-AIR)の航空機を対象に、タイヤ摩耗予測技術を活用した、より精度の高い計画的なタイヤ交換を2020年5月より開始した。

航空機用タイヤは、機体の速度と重量を支えながら離着陸を繰り返すという過酷な条件下で使用され、通常、航空機が数百回離着陸する毎にタイヤ交換が必要。さらに使用環境によってタイヤの摩耗進展速度が異なるため、これまで、突発的なタイヤ交換や、交換時期の集中が発生していた。

今回、JAL/J-AIRの持つ航空機に関する知見・フライトデータと、ブリヂストンの持つタイヤに関する知見・デジタルを活用した摩耗予測技術をかけ合わせることで、タイヤの交換時期を予測できるようになり、精度の高い計画的なタイヤ交換が可能となった。

これにより、ホイール・タイヤ在庫の削減および航空機整備作業の効率化などが期待されるほか、生産・使用過程でのCO2排出量を削減することで「地球との共生」へと繋げていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブリヂストンの石橋秀一CEO、右は東正浩COO
  • ゴム製品業界 他社牽制力ランキング
  • ブリヂストン グレイテック W953
  • 神姫バスの中型自動運転バス実証実験
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ