ワイパーをDIY交換、雨天時の視界を確保…ボッシュが動画を公開

動画:自分で簡単DIY!ワイパー交換 ボッシュ「J-フィット(+)」
動画:自分で簡単DIY!ワイパー交換 ボッシュ「J-フィット(+)」全 4 枚写真をすべて見る

ボッシュは、より経済的で、より安全なドライブに向け、雨天の運転に特に重要な、車の視界を守るワイパーをDIYで交換する26秒の動画を初公開した。

雨の日は路面が滑りやすいだけではなく、視界不良によりさらに事故を招く危険性が高まるため、交通事故発生率は晴天時に比べ約5倍高まると言われている(日本交通協会調べ)。雨の日の事故を防ぐために、まず重要なのがクリアな視界。一般的に人は80%以上の情報認識を目に頼っているため、視界の善し悪しが安全を大きく左右すると言える。

雨の降らない時はほとんど気にかけることのないワイパーだが、常に、紫外線、オゾン、酸・油分、寒暖の差、湿度の変化、摩擦などの影響を受け、過酷な状況の中、1年間に東京ドーム約7個分の面積を拭いているといわれている。そのためフロントガラスに接しているゴム部分だけでなく本体も劣化してしまうため、1年に1回のワイパー交換が推奨されている。梅雨時はワイパーの使用頻度が高くなり、劣化が進むためワイパーのチェックと交換が必要だ。

あまり知られていないが、ワイパー交換は非常に簡単で、自分で取り換えることが可能。通常、車検や車整備の際でのワイパー交換は、商品価格に加え取り付け工賃がかかるが、ネットなどを活用して自分で交換することで、より経済的に、短時間で車のメンテナンスを行うことができる。

今回ボッシュは、「ワイパーの正しい交換の仕方が分からない」という声に応え、動画を初公開した。取り付け方に慣れると、次回からは数秒で取り付けることが可能。ボッシュでは、この機会にワイパー交換を試してもらうことで、ドライバーの安全と安心につなげていきたいとしている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 市街地の自動運転で車両とインフラを連携させるボッシュの「MEC-View」研究プロジェクト
  • ボッシュのソフトウェアとエレクトロニクス事業部門
  • ボッシュのモータースポーツ向けの新たなテレメトリーシステム「レース・コネクト」のイメージ
  • ボッシュの電動車向け充電システム
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ