JR西日本、特急型など約600両に空気清浄機…新型コロナ感染防止策を強化へ

空気清浄機搭載予定車両のひとつ『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』の87系気動車。
空気清浄機搭載予定車両のひとつ『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』の87系気動車。全 4 枚写真をすべて見る

JR西日本は6月17日、同社が保有するおよそ600両の車両に対し、空気清浄機を搭載すると発表した。

JR西日本が保有する車両のうち、約8割には換気装置や空調装置を備えているが、今回は、新型コロナウイルスの感染拡大防止ガイドラインに則り、客室天井部にある空調装置のフィルタ部分に、脱臭・除菌機能や、ウイルス・輝発性有機化合物(VOC)除去機能を持つ、光触媒と紫外線を組み合わせた空気清浄機を搭載する。

対象となる車両は、『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』の87系気動車、『WEST EXPRESS 銀河』の117系電車、『サンダーバード』の681・683系電車、『はるか』の271・281系電車など、停車駅間の走行時間が長い列車に運用され、窓が固定となっているもの。

今後は、搭載器具の設計を行なった上で、9月以降順次工事を進めるとしており、搭載済みの車両には、ピクトグラムを貼付して周知させる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。

ピックアップ

Response.TV