千葉ロッテマリーンズ、リリーフカーにメルセデスベンツ S560カブリオレ を使用

メルセデスベンツ S560カブリオレ
メルセデスベンツ S560カブリオレ全 2 枚写真をすべて見る

プロ野球千葉ロッテマリーンズは6月17日、2020年シーズンより、ZOZOマリンスタジアムでの主催公式戦で、メルセデスベンツ『S560カブリオレ』をリリーフカーとして使用すると発表した。

千葉ロッテマリーンズは、2020年シーズン、ZOZOマリンスタジアムでの主催公式戦にて、メルセデス・ベンツ日本の企業マークが刻印された統一試合球を使用することを発表しており、今回のS560カブリオレのリリーフカー使用は、同社とのコラボ第2弾となる。

S560カブリオレ リリーフカーは、千葉ロッテマリーンズ仕様にラッピングされ、マリーンズ側がホワイト、ビジター側がブラックとなる。なお、リリーフカーの運転手はNPB(日本野球機構)の新型コロナウイルス対応ガイドラインを遵守し、マスクおよび使い捨ての密着性衛生手袋を使用する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型に搭載される世界初の後席エアバッグ。前面衝突時に乗員を保護
  • メルセデスベンツ EQS の開発プロトタイプ
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ