【レクサス IS 改良新型】ARアプリを配信、発売前に仮想体験 米国

改良新型レクサス IS の「レクサスARプレイアプリ」
改良新型レクサス IS の「レクサスARプレイアプリ」全 7 枚写真をすべて見る

レクサスは、改良新型『IS』(Lexus IS)の今秋の米国発売に合わせて、「レクサスARプレイアプリ」の配信を開始した。

「AR」は「Augmented Reality」の略で、拡張現実を意味する。レクサス AR プレイアプリは、Appleの「iOS」とグーグルの「Android」デバイス向けにダウンロードできる。

レクサスARプレイアプリは、改良新型ISの内外装やテクノロジーをスマートフォンやタブレット型端末で調べることができる没入型のARアプリだ。レクサス AR プレイアプリでは、ユーザーが車両をインタラクティブな方法でプレビューすることができる。これまで利用できなかった方法で、今秋に車両がディーラーに到着する前に、改良新型ISを自分の目で確かめることができるという。

例えば、改良新型ISの360度のエクステリアと内装を間近で見ることが可能だ。また、ゲーミフィケーション機能を利用して、リモートコントロールカーのように、仮想的に走行させることができる。

改良新型ISの8種類のボディカラーで、車両の外装をパーソナライズすることが可能。ドアとトランクを開閉したり、車両の設計や性能、安全機能を音声ナレーションとともに確認したりすることもできる。エンジンとシャシーの主要な技術的特長を、3Dの断面図で表示することも可能だ。

また、画像や映像を取り込み、友達と共有したり、お気に入りのソーシャルメディアチャネルで共有したりすることもできる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV