HKS、GRスープラ用パワーエディター発売 カプラーオンでブーストアップ

トヨタ GRスープラ
トヨタ GRスープラ全 5 枚写真をすべて見る

HKSは、ターボ車のブーストアップを実現する「パワーエディター」にトヨタ『GRスープラ』用を追加し、販売を開始した。

パワーエディターは、従来型のブーストコントローラーでは制御することが不可能な、電動式や負圧制御式のアクチュエーターを採用しているターボ車のブーストアップを可能にする。

車両の圧力センサと圧力センサハーネスの間にパワーエディターを割り込ませることでブーストアップを実現する。最大変化量は出力15.3ps、トルク40.0Nm。最高出力はノーマル比3.4ps増の262.6ps、最大トルクは同33.2Nm増の465.8Nm。最大過給圧(参考値)は同19.6kPa増の107.9kPaを実現する。

また、プリセットデータでは満足できないオーナーのために、ブーストアップデータを変更できるパワーエディタ用イージーライターを用意。同梱のUSB接続ハーネスでパワーエディター本体とパソコンを接続し、イージーライターで編集したブーストアップデータに変更できる。

さらに同梱の復帰用コネクタをパワーエディター本体の代わりに接続することで、ノーマルの状態に戻すことが可能。これにより、ノーマル状態とブーストアップ状態の違いを簡単に確認できる。

対応車種はGRスープラ SZ-R(SZ/RZは適合未確認)。価格は4万9500円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • HKS ドライカーボンレーシングサクション
  • Castrol TOM'S Supra レストアプロジェクト
  • トヨタ GR スープラ の2021年モデル(北米仕様)
  • スタイリングパーツ&エキゾーストシステム「トムス・バレル」装着例
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ