フォード マスタング EV、高速道路でハンズフリー走行が可能に…前方を注視しないと自動減速

フォード・マスタング・マッハEの高速道路をハンズフリーで部分自動運転できる「アクティブ・ドライブ・アシスト」
フォード・マスタング・マッハEの高速道路をハンズフリーで部分自動運転できる「アクティブ・ドライブ・アシスト」全 6 枚写真をすべて見る

フォードモーターは6月18日、2020年後半に米国市場で発売予定のフォード『マスタング』シリーズの新型EV、フォード『マスタング・マッハE』(Ford Mustang Mach-E)に、米国とカナダの高速道路をハンズフリーで部分自動運転できるシステムを採用すると発表した。

この技術は、フォードモーターの「Co-Pilot360」テクノロジーの最新の成果だ。フォードモーターは、レーンセンタリング機能を備えた「インテリジェント・アダプティブクルーズコントロール」を進化させ、「アクティブ・ドライブ・アシスト」を開発した。

アクティブ・ドライブ・アシストには、フォードモーター初のハンズフリーモードが導入される。ハンズフリーモードでは、高速道路を走行中、ドライバーがステアリングホイールから手を離して運転することができる。

システムでは、高度な赤外線カメラがドライバーの視線と頭の位置をモニターし、ハンズフリーモードで走行中、ドライバーが道路に注意を向けていることを確認する。ドライバーが脇見をするなど前方の道路に注意を払っていない場合、メーターパネルに警告が発せられ、自動的に車両は減速する。

アクティブ・ドライブ・アシストは、全米50州とカナダの約16万kmの高速道路で利用できる。フォードモーターは、ドライバーがサングラスをかけている時でも、高度なカメラが頭の位置と視線をモニターする、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルグワーナーの高出力インテグレーテッド・ドライブ・モジュール(iDM)
  • フォード・マスタング・マッハE
  • 1/24 フォード マスタング GT4
  • フォード・マスタング・マッハE
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ