トヨタ MIRAI 新型発表は今秋か…「TNGA」採用で5人乗りFRへ進化、デザイン予想

トヨタ MIRAI 新型 予想CG
トヨタ MIRAI 新型 予想CG全 8 枚写真をすべて見る

トヨタの燃料電池車『MIRAI(ミライ)』が初のフルモデルチェンジを行うが、その最終デザインやスペックなどの情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。

MIRAIは、トヨタ初の市販燃料電池セダンとして2014年から販売されている。2019年の東京モーターショーで新型のコンセプトモデルが発表されていたが、いよいよ市販モデルの発表が近づいている。6年ぶり、初のフルモデルチェンジとなる。

次期型では「TNGA」プラットフォームを採用、駆動方式が前輪駆動から後輪駆動へ変更し、ホイールベースを2780mmから2920mmへ延長、乗車定員が4名から5名へと変更される。

また新世代燃料電池システムを採用し、水素タンクを再設計、容量アップにより航続距離は650kmから840km程度まで伸びると予想されている。

トヨタ MIRAI コンセプトトヨタ MIRAI コンセプト

パワーユニットは、燃料電池+最高出力155psを発揮する電気モーターを搭載、キャビン内では、12.3インチのワイド・インフォテイメントシステムを搭載、シンプルで操作性が大幅に向上する。

安全装備では「トヨタセーフティセンス」最新世代を搭載するほか、車載通信機「DCM」(データ・コミュニケーション・モジュール)を標準装備した「つながるクルマ」となる。

トヨタ MIRAI コンセプトトヨタ MIRAI コンセプト

画像は予想CGだが、エクステリアは、コンセプトをベースにフロントを量産型用に大きく変更、グリル、両サイドに吸気口が設置され、デザインもLEDと繋がる縦型ディフューザーが設置されるはずだ。またアンダーグリルは、サイドのデュフューザーとのバランス上若干小型化、前面に押し出したデザインに。

グリルにはヘッドライトにつながるU型メッキ、アンダーグリルにも同じくU型メッキ、さらにはフロントからサイドのアンダーにもメッキを多用して高級感が演出されそうだ。

トヨタ MIRAI コンセプトトヨタ MIRAI コンセプト

新型MIRAIのワールドプレミアは今夏と予想されていたが、コロナウィルスの影響で遅れており、今秋以降となりそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

トヨタ MIRAI コンセプトトヨタ MIRAI コンセプト

《Spyder7編集部》

【画像】トヨタ MIRAI 新型発表は今秋か…「TNGA」採用で5人乗りFRへ進化、デザイン予想(8枚)
トヨタ ミライ(MIRAI)の燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  6. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  9. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る