マルチスズキのコンパクトSUV、『エスプレッソ』に最新天然ガス車…燃費はCNG 1kgあたり31km

マルチスズキ・エスプレッソ「S-CNG」
マルチスズキ・エスプレッソ「S-CNG」全 1 枚写真をすべて見る

スズキのインド子会社のマルチスズキは6月22日、コンパクトSUVの『エスプレッソ』(Suzuki S-PRESSO)に、最新の天然ガス車の「S-CNG」を設定した、と発表した。

エスプレッソは、『エスクード』などに代表されるスズキのSUVの流れを汲んだデザインを採用した。存在感のあるフロントバンパーに、台形をモチーフとしたフロントグリルや、ウィンカーを掴むように配置したヘッドランプを組み合わせることで、力強くタフな印象を強調した。

インテリアには、丸型のセンターコンソールを採用。デジタル表示のセンターメーターも配置する。室内空間を最大限に確保しながら、大型スーツケースも収納できる荷室スペースを設けている。

新プラットフォームの「ハーテクト」のKプラットフォームに、1.0リットルガソリンエンジンを搭載した。軽量かつ高剛性のボディとの組み合わせにより、低燃費と走行性能を追求する。

マルチスズキは、このエスプレッソにS-CNGを設定した。4月からインドで施行された新排出ガス基準の「BS6」に適合したCNG車だ。BS6は、欧州のユーロ5に相当する新基準で、排ガス中の窒素酸化物(NOx)を、およそ25%削減することが求められる。

マルチスズキは、幅広い車種に天然ガス車のS-CNGを用意している。エスプレッソのS-CNGには、デュアルECU(電子制御ユニット)とインテリジェント噴射システムを搭載する。マルチスズキによると、あらゆる道路で最適なパフォーマンスと高い運転性を実現するという。なお、エスプレッソのS-CNG は、CNGが1kgあたり、31.2kmの燃費を達成する、としている。

《森脇稔》

ピックアップ