1000馬力のハイパーベンツ!メルセデスAMG One、その開発テストを激写

メルセデスAMG One 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスAMG One 市販型プロトタイプ(スクープ写真)全 10 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツが開発中のハイパーカー、メルセデスAMG『One』最新の市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。ドイツのテスト施設でキャッチした長距離ショットは、F1エンジンを搭載したメルセデスAMG Oneがペースを上げて開発していることを示している。

プロトタイプは白と黒のカモフラージュで覆われているが、2017年9月のフランクフルトモーターショーで発表されたものとほぼ同じシルエットが見てとれる。

メルセデスAMG One 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
ただし、リアウィングが下がっているほか、前輪後方にあったF1マシンのバージボードに触発されたカーボンファイバーパネルを削除、ルーフ上のエアスクープがコンセプトカーより若干大型化されていることが確認できる。またダミーのテールライトが装着されていることから、市販型ではリデザインされる可能性もありそうだ。

市販型では、4つのモーターと組み合わされるF1譲りの1.6リットルV型6気筒エンジンを搭載、最高出力は1000ps以上を発揮する。これは2015年にルイス・ハミルトンのF1マシンが搭載したのと同じユニットで、最高速度は350km/h、6秒未満で200km/hに達し、EV航続距離は25km(15.5マイル)のパフォーマンスを誇る。

市販型の価格は270万ユーロ(約3億2千万円)で、デリバリーは2019年後半から2020年始めの予定だったが、コロナウィルスの影響で遅延。2020年内には開始するとみられている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV