スズキ、ワゴンR など12万4000台をリコール ISG故障誤判定でエンストや始動不能となるおそれ

スズキ ワゴンR(2014年)
スズキ ワゴンR(2014年)全 2 枚写真をすべて見る

スズキは6月25日、『ワゴンR』など6車種のISG(モーター機能付発電機)故障診断プログラムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『ワゴンR』『スペーシア』『ハスラー』、マツダ『フレア』『フレアワゴン』『フレアクロスオーバー』の6車種で、2014年7月31日~2015年8月7日に製造された12万4502台。

対象車両は、ISGの故障診断プログラムが不適切なため、使用過程でアース端子に酸化被膜が発生することで電気抵抗が上昇すると、ISGの電気回路の故障と判定することがある。そのため、警告灯が点灯するとともにISGが発電を停止し、そのまま使用し続けると、鉛バッテリが上がり、エンストや始動不能に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、ISGの故障診断プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合は206件発生、事故は起きていない。市場からの情報により、リコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ ワゴンR(2014年)
  • マルチスズキ・ワゴンR 新型の最新天然ガス車「S-CNG」
  • 異業種コラボモデルのカタログ
  • ブリヂストン ECOPIA EP150
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ