ホンダ 400X、カラーリングを変更 赤いシートレールや新色追加

ホンダ 400X(パールグレアホワイト)
ホンダ 400X(パールグレアホワイト)全 3 枚写真をすべて見る

ホンダは、クロスオーバーモデル『400X』のカラーリングを変更し、7月31日より発売する。

400Xは水冷4ストロークDOHC直列2気筒399ccエンジンを搭載し、市街地走行からツーリングまで幅広い用途で使用できるクロスオーバーモデル。ビギナーからベテランライダーまで幅広く好評を得ている。

今回、400Xのシートレールをレッドに変更することで、車体にアクセントを加えるとともに、力強くアクティブな印象を表現した。

車体色は、軽快な印象の「パールグレアホワイト」を新色として設定。タンクシェルからフロントカウルのサイド部分のカモフラージュ柄をレッドとすることで、継続色でありながらも情熱的な印象を加えた重厚感のある「マットバリスティックブラックメタリック」とあわせて全2色を設定している。

価格は82万6100円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS
  • ヤマハ トリシティ300 ABS
  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ

ピックアップ

Response.TV