ホンダ CBR400R、「CBR」ロゴデザインをCBR1000RR-Rと共通化

ホンダ CBR400R(グランプリレッド)
ホンダ CBR400R(グランプリレッド)全 4 枚写真をすべて見る

ホンダは、ロードスポーツモデル『CBR400R』のロゴデザインを変更し、7月31日より発売する。

CBR400Rは、水冷4ストロークDOHC直列2気筒399ccエンジンを搭載し、軽量コンパクトな車体パッケージで扱いやすさが好評のロードスポーツモデル。昨年3月、フルモデルチェンジを行い、スタイリングを一新するとともに、エンジン・足回りも熟成。市街地走行からツーリングまで幅広く使えるモデルとして、若年のエントリーユーザーを中心に幅広く支持されている。

今回、ホンダにおけるスポーツモデル最高峰『CBR1000RR-R』と共通の「CBR」ロゴデザインを採用することで、CBRが持つ世界観をより強化した。

車体色は、レーシングイメージあふれるグランプリレッド、精悍な印象のマットアクシスグレーメタリック、シャープな印象のパールグレアホワイトの3色を継続採用している。

価格は80万8500円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 旋回中も足回りが踏ん張るので、きちんと向きを変えていける
  • HUDとリヤカメラを内臓したスマートヘルメット「クロスヘルメット X1」を青木タカオ氏が試した
  • 世界限定500台のドゥカティ『スーパーレッジェーラV4』
  • KTM 890DUKE R
  • ヤマハ XMAX
  • ミツバサンコーワEDR-21G/L
  • カワサキ Z H2 と ヤマハ MT-10SP
  • インディアン チャレンジャー

ピックアップ