真岡鐡道のSL列車は7月18日に再開か?---7月2日の試運転後に正式決定

C12形蒸気機関車66号機が牽く『SLもおか』。
C12形蒸気機関車66号機が牽く『SLもおか』。全 2 枚写真をすべて見る

下館駅(茨城県筑西市)と茂木(もてぎ)駅(栃木県茂木町)を結ぶ真岡鐵道は6月29日、運休している『SLもおか』の再開へ向けて調整中であることを明らかにした。

『SLもおか』は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3月7日から運行が見合わされていたが、真岡鐡道では7月18日を目途に再開したいとしている。

ただし、その場合は全車自由席ではなく、SL整理券をウェブサイト上で申し込む事前予約制として、乗車制限を行なう予定。

正式な再開決定は、7月2日に実施される試運転の後に行なわれる予定で、同時に予約方法についても改めて発表される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ