名車「RC30」をベストコンディションに、ホンダ リフレッシュプラン開始

VFR750R(RC30)1987年
VFR750R(RC30)1987年全 3 枚写真をすべて見る

ホンダは、1987年に限定販売された高性能スーパースポーツ『VFR750R(RC30)』をベストコンディションに維持するプログラム「リフレッシュプラン」をスタートする。

VFR750R(RC30)は、チタン合金製コンロッドやクロームモリブデン浸炭鋼製のカムシャフトを採用したV4エンジンを搭載したほか、特徴的な片持ち式リアフォーク(プロアーム)など、レースマシンで培った技術を惜しみなく投入。鈴鹿8耐をはじめ、数々のレースで活躍した『RVF750』の公道バージョンとして1987年に1000台限定で発売された。価格は148万円と、当時の国産スポーツバイクでは最高値だったにもかかわらず、注文が殺到。抽選販売となった伝説のモデルだ。

リフレッシュプランは、ホンダの技術やノウハウを活かすことで、オーナーの熱い想いに応えるとともに、モーターサイクル文化に貢献する、特別なモデルに向けて開始する新たなサービス。全国のホンダドリーム7店舗にて、7月28日より受付を開始する。

ホンダでは、当時の開発メンバーやものづくりエキスパートが中心となって、整備メニューや再生産する純正部品を検討。RC30オーナーや販売店の協力のもと、愛車がベストなコンディションで走り続けられるようリフレッシュプランの準備を整えた。同プランでは、8月上旬に熊本製作所の敷地内に設立する「モーターサイクルリフレッシュセンター」にて車両を預かり、オーナーの要望に応じた整備プランでベストなコンディションに高めていく。

再生産する純正部品は、30余年の経過で劣化が見込まれる部品や定期交換部品などに加えてオーナーや販売店からの要望を踏まえ、必要な部品を厳選。多数の取引先や社内関係部門の協力を得て、順次再生産を開始する。また、再生産する純正部品は、リフレッシュプランだけではなく、6月30日より順次ホンダ二輪車正規取扱店にて販売も行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 旋回中も足回りが踏ん張るので、きちんと向きを変えていける
  • HUDとリヤカメラを内臓したスマートヘルメット「クロスヘルメット X1」を青木タカオ氏が試した
  • 世界限定500台のドゥカティ『スーパーレッジェーラV4』
  • KTM 890DUKE R
  • ヤマハ XMAX
  • ミツバサンコーワEDR-21G/L
  • カワサキ Z H2 と ヤマハ MT-10SP
  • インディアン チャレンジャー

ピックアップ