BMW 3シリーズ など、ハンドルが効かなくなるおそれ リコール

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は6月30日、BMW『3シリーズ』などのステアリング・タイロッドに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「320i」、「330i」、「320d xDrive」、「X3M」、「X4M」、「Z4 M40i」、「Z4 sDrive 20i」の7車種で2018年11月9日~2019年5月9日に製造された3755台。

対象車両は、タイロッドの強度検討が不十分なため、耐久性が不足している。そのため、外気温が高い環境下や路面から受ける振動により破断し、最悪の場合、操舵できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、タイロッドを対策品に交換する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。市場からの情報により、リコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW M3 セダン 新型と M4 クーペ 新型のティザーイメージ
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型のプロトタイプ
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ